日本赤十字社 水戸赤十字病院

助産師外来・院内助産のお知らせ

トップページ >  診療科のご案内 >  診療科目 >  産婦人科 >  助産師外来・院内助産のお知らせ
  • 採用情報
  • 助産師外来のお知らせ

    平成23年12月に産婦人科外来の新棟がオープンしました。

    産科と婦人科が別棟になり、診察室が増えます。みなさんにご満足いただけるケアを目指して準備しています。
    自分らしい妊娠・出産を助産師と一緒に考えていきませんか?

    助産師とは?

    自然なお産が出来るように、妊娠中から産後までのケアや育児支援を行う、国家資格を有するお産のプロです。
    当院では30人前後の助産師が、皆さんの妊娠とお産をサポートします。

    助産師外来とは?

    助産師が行う妊婦健診のことです。

    当院では、平成9年から助産師外来を開設しています。
    助産師は、正常に経過している妊婦さんの診察をすることができます。正常に経過している妊娠20週以降の妊婦さんを対象に、妊婦さんが主体的に妊娠・お産・育児をイメージできるように、助産師がお手伝いします。

    一緒に健やかな妊娠生活と自然なお産を目指しませんか?

    内容は医師の健診と変わりありません。健診では、妊娠生活の不安や疑問を直接助産師に相談できます。ご家族も一緒に健診に入ることができ、家族が増える喜びが実感出来ます。

    また医師と連携しており、異常がない場合でも、妊娠期を通して3回以上の医師の診察を受けます。その他、異常が疑われる時にも随時医師と連携して診察にあたっています。

    助産師外来 健診のスケジュール

    妊娠20週から、お一人30分枠でゆったりとリラックスした健診を行い、心も体も良い状態でお産を迎えられるように準備を整えていきます。
    妊娠の経過に異常がない場合には、原則として医師の診察は下記のスケジュールになります。

    妊娠週数 ~19 20 24 28 30 32 34 36 37 38 39 40
    医師の健診
    助産師の健診

    健診日時

    毎週 月・火・水・木・金曜日 午前 9:00~
       月・金曜日 午後1:00~

    30分枠 予約制
    *料金は通常の妊婦健診と同額で、茨城県の方は補助券も使用できます。
    *ご主人やお子様連れでも結構です。

    健診場所

    産科外来 10~12番診察室

    健診内容

    • 尿検査
    • 血圧測定、体重測定
    • 子宮の大きさの測定、腹囲の測定
    • 赤ちゃんの心音確認
    • 赤ちゃんの超音波(お顔やお腹の様子をみましょう)
    ・妊娠中の体調と心の変化はいかがですか?
    ・『まごわやさしい』の食事って知っていますか?
    ・いいお産をするための準備は?
    ・おっぱいの準備って必要かな?
    ・今注意することってどんなこと?

    などの疑問や不安にお答えする他、週数に合わせた妊娠中の過ごし方のコツや、週数に応じたお産の準備についてお話します。

    対象となる方

    • 妊娠経過に異常がない
    • 合併症がない
    • 多胎妊娠でない方(双子ではないこと)
    • 不妊治療後の妊娠ではない
    • 子宮の手術を行ったことがない
    • 感染症がない、血液型がRhマイナスでない

       など

    *帝王切開予定の方は妊娠30週まで可能です




    ⇒里帰り分娩、立会い分娩、妊婦学級・ハローベビークラスのお知らせ
    ⇒育児を支えるお手伝いのお知らせ

    院内助産について

    当院産婦人科では、助産師外来で健診を受けている方を対象として、平成28年9月より院内助産を開始します。
    院内助産は、妊産婦さんが主体となる出産を目指すため、助産師が妊産婦に寄り添い、出産を一緒に行います。病院の中の助産院ですが、医師との協力体制も十分ですので、異常が生じた場合の医療介入も連携して行っていきます。

    「院内助産」をご利用できる方の条件は、以下の通りです

    • 助産師外来を受診している
    • 本人の希望があり、家族の同意がある
    • ふたご、みつごではない
    • 逆子(骨盤位)ではない
    • 帝王切開をしたことがない
    • 合併症ではない
    • 妊娠経過に問題がない

    出産は「自分自身で産む」という気持ちが大切です。妊娠中より出産に向けて、心と体に準備が必要となります。一緒に頑張るためにも、妊産婦さん自身の健康管理が重要です。
    私たち助産師と一緒に、満足のいく出産を目指しましょう。

    *詳しくは、産科外来・助産師までお問い合わせください。