日本赤十字社 水戸赤十字病院

初期臨床研修医

トップページ >  採用情報 >  初期臨床研修医
  • 採用情報
  • 平成30年度 初期臨床研修医募集

    初期臨床研修医

    ご覧いただきありがとうございます。
    水戸赤十字病院は、大正12年に関東地方では2番目の日本赤十字病院として設立され、「人道・博愛」の理念のもと、常に地域の要請に応えられるよう良質な医療の提供に努めてまいりました。
    当院の理念を共有し、私たちと一緒に地域住民の健康を守るために努力していただける方を募集しております。

    募集人員 3名
    応募資格 平成30年3月国家試験合格見込者
    または、医師免許証取得済で初期臨床研修未実施者
    待遇 身分 常勤嘱託職員
    給与(月額) 1年次:40万円 2年次:45万円
    賞与(年額) 1年次:20万円 2年次:50万円
    手当 宿日直手当、時間外勤務手当等
    支給実績 1年次:約732万円  2年次:約792万円 (H26年度)
    勤務時間 月曜日~金曜日 8:30~17:00
    休日 土曜日、日曜日、祝日、創立記念日(5/1)、年末年始(12/29~1/3)
    休暇 有給休暇(21日/年)、夏季休暇(3日)
    当直 月に4回まで(手当:1回30,000円)
    宿舎 有(自己負担額 26,500円または31,500円)
    ※個人契約の借家の場合は規定の住居手当を支給します。
    社会保険等 健康保険・厚生年金・雇用保険・年金基金等加入
    労災適用・病院賠償責任保険加入(個人加入は任意)
    学会及び
    研修参加
    可 (参加費・旅費等を支給)
    赴任手当
    (引越費用等)
    規定範囲内とする
    応募手続き
    1. 臨床研修申込書(pdfファイル)
    2. 履歴書(市販のもので可)
    3. 卒業証明書(写)※
    4. 保険医登録証(写)※

    を下記担当者まで送付してください。
    ※③、④は既卒者のみ

    応募締切 定員に達するまで
    選考方法 面接
    ※病院見学時に面談を行った6年次の方で、臨床研修申込書類を提出していただいた方については、この面談をもって面接試験とかえさせていただきます。そのため、試験のために再度来院していただく必要はありません。
    見学について
    • 随時病院見学を受け付けています。
    • 希望の診療科の見学をアレンジしますので、お問合わせください。
    • 見学日は、個別に対応いたしますので別途ご相談下さい。
    • 見学当日は、普段大学等で使用している白衣と名札をお持ち下さい。
    • 交通費として一律5,000円支給します。
    パンフレット ご希望の方に郵送いたします。下記までご連絡ください。
    書類送付先

    〒310-0011
    茨城県水戸市三の丸3-12-48
    水戸赤十字病院 企画課 担当:澤幡  

    連絡先

    電話:029-233-0271(直通)
    メールアドレス:kikaku■mito.jrc.or.jp
    ※■を半角アットマークに変えてお送りください。
    お電話やご送付をいただき取得した個人情報は、採用業務に関してのみ利用いたします。

    研修プログラム

    プログラムの特徴

    指導医とマンツーマンで治療を進める実践的なスタイルの研修を行っているため、多くの処置や手技を経験することが可能です。
    腰椎穿刺、硬膜外カテーテル挿入、CVカテーテル挿入、気管挿管など基本的手技は当然として、上部・下部消化管内視鏡、静脈瘤結紮術、側視型スコープ、気管支鏡検査も経験できるほか、勉強すれば執刀経験も積むことができます。
    1年目では基礎である内科、外科、救急科を研修した後、2年目は地域医療、産婦人科、小児科を必修とする以外は、選択科目としています。
    プログラム責任者や指導医と相談しながら、可能な限り要望に沿った研修内容を組み立てることができ、ローテーションの変更にも柔軟に対応しています。

    プログラムスケジュール※ローテーション順不同
    1年次 内科
    6ヶ月
    外科
    3ヶ月
    救急科
    3ヶ月
    2年次 地域医療
    1ヶ月
    小児科
    1ヶ月
    産婦人科
    1ヶ月
    選択科目
    9ヶ月
    ●1年目必修科目
    内科 神経内科、呼吸器科、循環器科、リウマチ科、消化器科の中からローテート
    外科 消化器外科、乳腺外科、血管外科の中から選択、またはローテート
    救急科 3次救急を希望の場合は、水戸済生会総合病院にて実施
    ●2年目必修科目
    地域医療
    (協力病院)
    いばらき診療所こづるにて実施
    指導医の往診に付きながら在宅医療を研修
    小児科 小児科部長が日赤乳児院の院長を兼ねているため、通常の研修に加え、正常な乳幼児を診ることも可能
    産婦人科 地域周産期母子医療センター
    ●選択科目
    当院 内科、外科、小児科、産婦人科、麻酔科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、皮膚科、形成外科、救急科
    協力病院 精神科(栗田病院)、地域保健(水戸保健所、介護老人施設みがわ、茨城県赤十字血液センター)、救急科(水戸済生会総合病院(3次救急))、総合診療科(水戸協同病院)
    指導体制について

    各診療科で指導医を含む常勤医師全員が研修のサポートをし、指導はほぼマンツーマン、診療科によっては1名の研修医に対し複数の指導医の環境で行われます。

    修了後の進路

    当院で専門医・認定医等を取得するために後期臨床研修プログラムを準備しています。
    また、各大学や他病院で後期研修を希望する場合にも支援を行います。