日本赤十字社 水戸赤十字病院

教育・支援体制

トップページ >  看護部紹介 >  教育・支援体制
  • 採用情報
  • 教育について

    教育目的

    質の高い看護を提供するために看護職員の資質の向上を図り、専門職として貢献できる人材を育成する。

    教育目標
    1. 1.専門職業人として看護実践力を高め、看護研究に取り組む。
    2. 2.赤十字看護師として基本原則をふまえ行動できる。
    3. 3.組織人として病棟運営や病院経営に参画できる。
    教育方針
    1. 1.職場における機会教育を重視する。
    2. 2.看護師個々の目標や主体性を重視する。
    3. 3.常に患者中心の視点で思考・行動・判断できるようにする。
    4. 4.臨床能力や専門性を高め、リーダーシップを発揮できる人材を育成する。
    5. 5.看護師個々の課題や、専門領域に応じた学習の機会を提供する。
    6. 6.看護研究を推進し看護の質の向上をはかる。
    キャリア開発ラダー

    日々目覚ましく進歩する医療・看護に対応するとともに、ひとりひとりの成長に合わせた学習ができるよう、当院では赤十字医療施設の「キャリア開発ラダー」に基づき教育・研修制度を充実させています。

    キャリア開発ラダー・院内院外教育

    赤十字医療施設のキャリア開発ラダーでの看護実践能力の到達目標
    レベルⅤ 施設全体に影響力を及ぼしながら医療の質向上を
    もたらす看護活動を行う赤十字事業の推進者
    レベルⅣ 看護部門全体に影響力を及ぼしながら医療の質向上を
    もたらす看護活動を行う者
    レベルⅢ 自部署においてリーダーシップを発揮しながら看護活動を行い、
    スタッフの指導にも関わり、災害時の救護活動に従事できる者
    レベルⅡ 自部署で自立して看護活動ができる者
    レベルⅠ 指導や援助を得ながら看護活動ができる者


    院内院外教育
    ≪ 院内教育 ≫
    レベル 研修項目
    レベルⅢ:
    部署単位で活動できる者
     部署の教育担当者
     臨床実習指導者
    • 看護倫理事例検討会Ⅱ
    • 学生指導に関する研修
    • リーダーシップ研修
    • 看護研究
    • 事故事例検討会Ⅱ
    • 赤十字看護師再教育
    • 診療報酬と看護Ⅱ
    • 後輩育成研修
    レベルⅡ:
    自立して看護活動が
    できる者
    • 看護倫理事例検討会Ⅰ
    • 研修計画書の書き方
    • 看護過程研修Ⅱ
    • ケーススタディ
    • 事故事例検討会Ⅰ
    • 救護員研修・災害救護演習
    • メンバーシップ研修
    • 診療報酬と看護Ⅰ
    • 感染と看護研修
    レベルⅠ:
    指導や助言を得ながら
    看護活動ができる者
    • 新人オリエンテーション
    • 看護過程研修Ⅰ
    • 看護技術研修Ⅰ、Ⅱ
    • 感染防止対策研修
    • 救護員研修
    • 多重課題研修
    • 注射・薬剤に関する研修
    • 院内看護研究発表
    • フィジカルアセスメント研修
    • 救急時の看護研修
    • フォローアップ研修
    フォローアップ研修
    事故事例検討会

    フォローアップ研修

    事故事例検討会

    ≪ 院外教育 ≫
    レベル 研修項目
    レベルⅤ:
    病院単位で活動できる者
    セカンドレベル
    サードレベル
    レベルⅣ:
    看護部門単位で
    活動ができる者
    本社主催:
       国際救援・開発要員基礎研修
       救急員指導者研修
       心のケア指導員養成研修
    日本赤十字社茨城県支部主催:
       施設中堅職員研修会
    看護協会主催研修(長期研修)
    ファーストレベル
    認定看護師コース
    各種研修(長期のもの)
    日本赤十字社幹部看護師研修センター
    レベルⅢ:
    部署単位で活動できる者
     部署の教育担当者
     臨床実習指導者
    日本看護協会主催研修(短期研修)など、各種研修
    日本赤十字社救急法養成講習
    こころのケア研修

    こころのケア研修

    新人看護師教育プログラム

    充実した教育システムやプリセプター制度、臨床研修で新人看護師の成長をサポートします

    新人看護師臨床研修制度

    プリセプター制度、看護部における年間のOJT,部署ごとのOFF-JTに加え、配属部署以外での院内研修が計画されています。部署ごとに教育担当者を配置、プリセプターと連携して、看護部や部署全体で新人看護師へのサポート体制を充実させています。

    ≪ 年間スケジュール ≫
    4月 プリセプターと共に日勤業務

    • 看護部オリエンテーション
    • 看護技術研修Ⅰ
    • 薬剤・注射に関する研修
    • 救護員研修
    • 病棟オリエンテーション
    看護技術(採血の演習)

    看護技術(採血の演習)

    フィジカルアセスメント研修

    フィジカルアセスメント研修

    フォローアップ研修(大縄跳び)

    フォローアップ研修(大縄跳び)

    救急看護研修
    救急看護研修

    救急看護研修

    5月 早出・遅出業務

    • 師長・係長・プリセプターとの面接
    • 救急時の看護技術研修(各病棟)
    • フィジカルアセスメント研修
    • 薬剤・注射に関する研修
    • 院内感染防止対策研修
    6月 ダブル体制で夜勤業務開始

    • 点滴静脈注射研修
    7月 指導下1人で夜勤業務を行う

    • フォローアップ研修
    • 臨床研修(ローテーション研修)開始
    • 救護員研修
    8月
    • 看護過程研修
    • 面接
    9月
    • 救急看護研修
    • 看護計画の立案と実施
      (プリセプターの指導の下)
    10月
    • 薬剤・注射の研修
    11月
    12月
    • 多重課題研修
    1月
    • 救護員研修
    2月
    • 看護研究発表会
    3月
    • 面接
    • 看護観提出
    • 1年間の振り返り