平成29年度 水戸赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 553 150 168 346 677 746 1,416 1,524 995 181
平成29年度中に当院を退院した患者様を年齢階級別に集計したものです。
70歳以上の割合は「39.96%」、20歳未満の割合は「10.40%」となっています。
当院では小児の入院医療から、複数の疾患を合併する高齢者の入院医療まで、幅広く対応しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x6xx 関節リウマチ・薬物療法 276 2.08 2.90 0.00% 64.58
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 35 21.91 19.65 2.86% 72.09
050050xx02000x 狭心症・経皮的冠動脈ステント留置術 31 3.97 4.62 0.00% 73.45
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍・肺生検法 29 4.79 3.59 6.90% 70.83
050050xx99100x 狭心症・心臓カテーテル検査 23 2.39 3.03 0.00% 68.13
最も多いのは、関節リウマチに対する薬物療法(レミケード)で、当院では1泊2日の入院で行っています。
その他、肺炎の抗生剤治療、狭心症の手術や心臓カテーテル検査、肺の組織を採取して病理学的に検査を行う肺生検法が多くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内・JCS10未満) 19 29.53 16.38 21.05% 75.53
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
脳梗塞を発症した際に脳保護薬(エダラボン)を投与する症例が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎 96 5.48 5.94 0.00% 1.58
150010xxxxx0xx 急性胃腸炎 69 5.51 5.50 2.90% 5.52
040100xxxxx00x 気管支喘息 47 5.77 6.32 0.00% 4.83
030270xxxxxxxx 上気道炎 38 6.16 4.84 2.63% 3.84
0400801199x00x 肺炎 36 6.11 5.70 0.00% 4.83
気管支炎、胃腸炎、喘息、肺炎等、当院ではかかりつけ医からの紹介はもちろん、水戸市休日夜間診療所の二次当番日においては紹介のあった患者様の入院対応を行っております。地域における小児入院管理ができる医療機関として、役割を果たしてまいります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍・悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴わない) 114 7.98 6.37 0.00% 58.40
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍・悪性腫瘍手術 59 16.27 15.61 0.00% 70.03
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍・悪性腫瘍手術(乳腺全摘術) 42 9.36 10.15 0.00% 58.02
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍・悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴う) 40 11.00 11.45 0.00% 60.23
060335xx02000x 胆のう炎・腹腔鏡下胆のう摘出術等 37 9.16 7.40 0.00% 68.68
乳癌の手術が多くなっています。乳癌の手術は癌の範囲により温存手術や全摘手術等、適応に合わせて行っています。
結腸癌の手術では「74.46%」の症例が腹腔鏡下による手術を実施しています。
胆のう炎で行う手術の多くは腹腔鏡下で行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折・手術 64 38.56 27.09 37.50% 80.80
160690xx99xx0x 腰椎圧迫骨折 27 46.74 19.94 11.11% 77.81
160990xx97x0xx 肩関節唇損傷・手術 25 26.12 18.54 0.00% 48.40
160620xx01xxxx 膝の靭帯損傷・手術 21 14.67 11.41 0.00% 34.90
160610xx01xxxx 肩の腱板損傷・手術 20 44.85 19.87 0.00% 64.60
最も多い症例は大腿骨骨折の手術症例です。大腿骨骨折は高齢者に多い疾患で、手術後はリハビリを目的とした医療機関への転院があります。
肩の関節唇損傷、腱板損傷の手術症例では体への負担が少ない関節鏡下での手術を行っています。また、他医療圏(遠方)からも手術を目的とした紹介を受けています。
当院では手術後、早期にリハビリを開始し地域包括ケア病棟にて、在宅復帰に向けた支援をさせていただいております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑・皮膚レーザー照射 32 3.00 3.16 0.00% 11.47
180060xx97xxxx その他の新生物・手術 10 4.40 6.45 0.00% 25.80
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
最も多い症例は太田母斑等に対する皮膚レーザー治療です。当院では小児から大人まで症例があり、2泊3日の入院で行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 慢性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 11.60 11.75 0.00% 73.30
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
最も多い症例は慢性硬膜下血腫の手術療法となっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 蜂窩織炎 20 8.25 11.73 0.00% 59.30
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 8.82 8.95 0.00% 60.65
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍・手術 11 7.27 8.50 0.00% 78.36
080110xxxxx0xx 水疱症 10 39.60 29.24 0.00% 79.70
- - - - - - -
蜂窩織炎とは皮膚組織に炎症が広がる細菌感染症で、下肢に最も多く発症し、治療は抗生剤の点滴が主となります。
帯状疱疹は抗ウイルス薬を点滴し、その平均在院日数は「8.82日」となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍・経尿道的手術 107 8.59 7.31 0.00% 73.74
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍・手術 70 13.27 12.92 0.00% 68.83
11012xxx040x0x 上部尿路結石・体外衝撃波結石破砕術 60 2.23 2.73 0.00% 58.70
110200xx04xxxx 前立腺肥大症・経尿道的レーザー前立腺切除術 52 8.40 7.64 0.00% 71.73
11012xxx020x0x 上部尿路結石・経尿道的尿路結石除去術 49 5.35 5.75 0.00% 57.86
最も多い症例は、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術の症例です。
また、前立腺癌を筆頭に膀胱癌、腎癌等に対して幅広い癌治療を行っています。
前立腺癌はロボット支援手術(ダヴィンチ)を中心に、症例を合わせた最適な方法を選択することができます。
尿路結石症に対しては腎・尿管・膀胱の各部位における結石の状況に応じて、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行っています。体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は体外からの衝撃波で体内の結石を破壊する結石治療法です。麻酔なしで行うことができ、当院では2日間の入院で行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣腫瘍・腹腔鏡下手術 121 6.17 6.37 0.00% 45.20
120010xx99x40x 卵巣の悪性腫瘍・化学療法 106 4.28 5.02 0.00% 61.62
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍・化学療法 89 3.71 4.98 0.00% 66.97
120010xx99x50x 卵巣の悪性腫瘍・化学療法 81 3.56 4.75 0.00% 58.04
120100xx01xx0x 子宮内膜症・手術 76 6.32 7.70 0.00% 41.38
卵巣腫瘍の手術症例、卵巣癌の化学療法症例、子宮癌の化学療法症例が多くなっています。
当院では婦人科全般に幅広い診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 44 16 20 30 4 19 1 7
大腸癌 39 50 44 33 1 26 1 7
乳癌 95 82 29 22 0 50 1 7
肺癌 1 1 27 36 1 31 1 7
肝癌 4 3 4 6 0 4 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌診療における5つの代表的な疾患の指標です。
初めての治療時(初発)の癌の進行度と再発で治療を受けた患者数です。
当院では胃癌、大腸癌、乳癌の症例が多く、治療方針の選択肢として手術、放射線治療、化学療法等があります。
Stageとは癌がどれくらい進行しているかという進行度合を意味しています。早期Stageは手術症例を意味しており、その他化学療法による治療も行っています。
また、緩和ケア病棟を有しており、癌の診断・治療から末期のケアまで一貫した医療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 11.38 56.23
中等症 55 18.82 76.80
重症 8 34.00 85.50
超重症 5 47.20 82.00
不明 0 0.00 0.00
肺炎の重症度を判定するものとしてA-DROPスコアがあります。スコア0は軽症、スコア1~2が中等症、スコア3は重症、スコア4~5は超重症として治療環境を判断します。
高齢になるほど重症度は高くなり、入院日数も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 50 34.30 76.86 26.00%
当院では脳梗塞と診断される患者様の多くが、発症後3日以内に救急搬送や直接来院されています。
急性期治療後「26.00%」がリハビリ病院等に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 53 0.13 1.26 0.00% 65.25
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 33 2.30 5.00 0.00% 73.88
K610-3 内シャント設置術 11 60.27 43.09 18.18% 72.55
- - - - - - -
- - - - - - -
内視鏡下で大腸ポリープを切除する手術が多くなっています。
経皮的肝動脈ステント留置術は、細いカテーテルを太ももの付け根の動脈などから冠動脈(心臓の動脈)まで挿入し、冠動脈の狭窄や閉塞してるところをバルーン(治療用の風船)、ステント(金属製の網目状のパイプ)を挿入し拡張する治療です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 114 1.01 5.97 0.00% 58.40
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 2.14 5.77 0.00% 65.16
K6335 鼠径ヘルニア手術 60 1.55 2.87 0.00% 68.45
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 52 1.71 4.40 1.92% 70.10
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 5.31 11.25 0.00% 67.77
乳癌の手術は癌の範囲により温存手術や全摘手術等、適応に合わせて行っています。
鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)の手術で、当院では4~5日の入院で行っています。
その他の癌に関する消化器系の手術も数多く実施しています。
胆のう炎、結腸癌の手術の多くは腹腔鏡下で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 50 1.52 40.46 0.00% 70.52
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 47 1.19 40.98 29.79% 77.26
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 32 2.44 38.78 37.50% 79.59
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 23 1.57 44.61 0.00% 65.48
K080-51 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴う) 15 1.00 42.07 0.00% 66.00
人工骨頭挿入術(股)、骨折観血的手術(大腿)は、高齢者に多い大腿骨骨折に対する手術です。手術後はリハビリ目的に他院に転院する割合が多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 1.07 11.40 6.67% 76.13
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
慢性硬膜下血腫とは、頭部外傷などが原因で徐々に血腫が貯留してくる疾患です。慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術とは血腫を除去・洗浄し、術後に溜まってくる出血や洗浄液を外へ排出する手術です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 12 0.17 5.67 0.00% 80.25
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
入院での悪性腫瘍切除術の状況です。
皮膚の悪性腫瘍には悪性黒色腫、基底細胞癌、有棘細胞癌、ボーエン病などがあり、局所麻酔下で切除する手術が主体となっています。
主に外来で行っていますが、植皮術が必要な場合や安静が必要な場合等、状況に応じて入院にて経過をみさせていただく場合があります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 138 0.01 1.15 0.00% 57.52
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 107 1.24 6.36 0.00% 73.87
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 67 2.06 9.94 0.00% 68.64
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 51 1.16 6.35 0.00% 71.53
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 49 1.20 3.41 0.00% 57.88
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は体外からの衝撃波で体内の結石を破壊する結石治療法です。麻酔なしで行うことができ、当院では2日間の入院で行っています。
前立腺悪性腫瘍手術及び腎悪性腫瘍手術ではロボット支援(ダヴィンチ)による手術を実施しています。ロボット支援手術は、機能温存の向上や合併症のリスクを回避できるなど、より安全で正確な手術を行うことができます。
泌尿器科の癌全般において手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡) 191 1.03 4.20 0.00% 43.34
K877 子宮全摘術 79 1.38 7.97 0.00% 49.59
K867 子宮頸部(腟部)切除術 66 1.00 1.05 0.00% 43.67
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 54 1.00 4.50 0.00% 47.30
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 31 1.00 4.06 0.00% 67.00
卵巣腫瘍を摘出する手術は、腹腔鏡下で行う症例が多くなっています。
子宮全摘術は、子宮筋腫や子宮腺筋症(内膜症)に対する手術です。
子宮頸部(膣部)切除術は、子宮頸部を円錐状に切り取り、組織検査を行うもので、異形成の場合はこれで治療とすることもあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 190 0.00 1.68 0.00% 74.69
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
白内障に対する水晶体再建術が最も多くなっています。入院当日に手術を実施し2~3日の入院日数となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.04%
異なる 16 0.24%
180010 敗血症 同一 8 0.12%
異なる 17 0.25%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 3 0.04%
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.30%
異なる 10 0.15%
基礎疾患や手術等の合併症として、感染症の発生率を表したものです。
具体的には、「異なる」とされているものは、入院契機となった傷病(肺炎や手術対象疾患)と医療資源を最も投入した傷病(敗血症や手術合併症)が異なることから、合併症の発生率を表したものです。
これらは重篤な疾患から移行したり、手術後に発生してしまうものですが、少しでも改善できるよう努めています。
更新履歴